芳香剤ではニオイは消えない

イヤなニオイを消すために、「芳香剤」や「消臭剤」を使うことは一般的な方法ですよね。その他によく知られているものとして、「炭」を使うという消臭方法もあるでしょう。炭を使う方法は、靴箱や押し入れ、冷蔵庫で活用している方も多いのではないでしょうか。この炭などの消臭については、”臭いを消す4つの方法”というページで詳しくお話しますね。

さて、この芳香剤や消臭剤を使っても、やっぱりなんだかまだクサイ…というのが現実でしょう。これらはニオイを消すものとして売られているのに、どうしてニオイが残ってしまうのでしょうか?

まず、商品本体に貼られているラベルなどを見ていただくとわかりますが、そこには特徴、成分、内容量、使用方法、使用上の注意などの項目と共に、品名や用途という項目が記載されていると思います。商品によっては表記の仕方が違いますが、ほとんどが品名や用途のところに、「芳香剤」とか「消臭剤」、または「芳香・消臭剤」などと書かれています。

フローラルの香り、シトラスの香り…などといった、花やフルーツの香りを使った商品は芳香剤として扱われていますが、この芳香剤も生活の中での消臭目的に用いられるものが多いので、一般的には「芳香・消臭剤」として一括りにされています。例えば”消臭スプレー○○の香り”と販売しているものがそうですね。

この「芳香・消臭剤」は、本当は芳香目的なの?消臭目的なの?とわかりにくいのですが、ただはっきりと言えるのは、世の中に出回っている“芳香” ”消臭”という商品は、本当はニオイが消えるのではなく、他の香りでごまかしているものがほとんどだということです。

芳香剤と消臭剤はニオイの消し方が違う

芳香剤と消臭剤は、”イヤなニオイを消す”という意味では、同じ効果を発揮するように思いがちですが、実はその作用は全く違うものなのです。

芳香剤は、本当はニオイを消してはいなくて、イヤなニオイを他の香りで包み込んでいるだけ…つまり、消臭する作用はありません。

では、ニオイを他の香りでごまかす「芳香剤」と、本当にニオイを元から消す「消臭剤」はどう違うのでしょうか。

【芳香剤】

マスキング方式といって、ニオイの原因となる”臭い分子(悪臭成分の分子)”を、草花や果物、樹木など別の強い芳香でオブラートのように包み隠してしまう方法をとっています。簡単に言うと、単なる香り付けをしているということですね。

これは元のニオイを消す消臭成分が入っていないため、時間の経過と共に覆い被せた香りの効果が薄れていくと、元のイヤなニオイに戻ってしまいます。そのうえ、強い香りを重ねることによって、人間の数万倍もの嗅覚を持つ犬にストレスを与えてしまうことになってしまいます。

また、従来の芳香剤の成分には、天然ではなく化学合成による香料や、この悪臭の原因となっている物質も入っている場合もあり、芳香剤を使うことでさらに悪臭の上塗りをしてしまっている、という危険性も考えられます。

【消臭剤】

ニオイの元である”臭い分子(悪臭成分の分子)”の構造を、消臭剤の成分と化学反応させて無臭の成分に変える方法ですので、一度消えたニオイが復活することはほとんどありません。本当の意味での消臭が可能というわけです。効果としては、消臭スピードが速く、持続性にも優れていて、大容量のニオイを無臭化することができるメリットがあります。

“ごまかし”ではなく“元から消す”消臭に注目

先にもお話ししましたが、消臭剤と言われている商品でも、実はニオイを香りでごまかしているだけの芳香作用のものだったり、人体に有害のある物質が使用されていたりする場合があります。

ですから、犬などのペットを飼っている方は特に、ニオイをごまかす消臭ではなく、本当の意味で”ニオイを元から消す消臭“を選ぶことをオススメします。そして、それが本当に効果的で安全な”真の消臭”なのかどうかを見極めて、優良な消臭アイテムに出会っていただければと思います。