適切なシャンプー方法で清潔に保つ

犬のニオイは、湿度や温度が高くなる、特に梅雨頃から夏にかけてのムシムシする時期になると、より一層強くなります。そのため、十分な消臭対策が必要となってきます。そんな犬の体臭を消す対策として、シャンプーをしてあげることはとても効果的です。

だからといって、毎日洗ってやるなどのやりすぎには注意しなければいけません。ここでは、正しいシャンプー回数の目安や、上手な洗い方についてご案内します。

シャンプーと併用したい犬用消臭剤>>

  • シャンプーの回数…犬のシャンプーの頻度は、2週間に1回くらいが一般的でしょう。臭うからといって頻繁に洗ってしまうのは、皮膚を傷める原因となります。くれぐれも洗いすぎには気を付けてください。
  • 洗い方…シャンプーをする前は、まずブラッシングで皮膚や毛に付いた汚れを落とします。このブラッシングをすることにより、水が身体にまんべんなくいきわたるので、より清潔にすることができます。犬は身体が濡れる事をあまり好きではないので、シャンプーは手早く行うのがよいでしょう。
  • シャンプーの種類…シャンプーのなかには、皮膚を保護している分泌物などを除去してしまうものもあります。また、洗浄力の強いシャンプーは、皮膚炎を起す可能性もありますので、安全な犬専用のシャンプーを使うことをオススメします。人間用のシャンプーは絶対に使用しないでください!

※注意すべきこと…犬は、人間が思っているほどお風呂に入ることを気持ちよく思っていない、ということを知っておいたほうがいいでしょう。また、犬の体調が悪いときにシャンプーすると、ストレスになることもあります。特に、子犬のシャンプーには気を付ける必要がありますね。
 

耳・口・お腹・お尻まわりのケアも大切

犬の消臭対策は、シャンプーすることだけではありません。ほかにも汚れやすい部分はあるので、全体をきちんと清潔にケアしてあげましょう。

  • 耳のケア…特に耳が垂れている犬は、耳のなかが蒸れて雑菌などが繁殖しやすくなり、それがニオイの元となります。汚れてニオイがきつくなるだけでなく、放っておくと外耳炎などにもなる場合があるので、数日に一度、綿棒やコットンなどで拭き取ってあげましょう。私の場合、天然のアロマオイルをエタノール等で希釈したものをコットンに含ませたもので、耳掃除してあげています。
    犬が嫌がって上手にケアできないという方は、動物病院など専門ところでお願いしてみると安心かもしれませんね。
  • 口・お腹・お尻まわりのケア…犬の身体で、湿りやすい部位である「口・お尻まわり」や、脇や股などこすれる部位である「お腹・お尻まわり」は、体温の高い犬にとっては雑菌などが繁殖しやすく、ニオイの原因ともなるので、ここも綺麗にしてあげるとよいでしょう。

口に関連して、歯のケアについてですが、犬の歯は歯石が付着することでニオイの原因となりますので、定期的な歯磨きで予防することも大切です。日常で簡単に歯石予防をするには、歯石を取る壊れにくいおもちゃがオススメですね。噛んでいるだけで歯石予防ができるので便利です。

犬のための消臭グッズ比較>>