体臭原因となるペットフードに気を付けよう

犬の体臭や口臭は、食べ物が原因となることもあります。そもそも犬のニオイの原因となる食べ物とは、どういうものなのでしょうか。また、今後のペットフードをどう見直していけばいいのでしょうか。

犬の体臭をクサくしているもの…それは主に脂質とタンパク質が原因となっているようです。このタンパク質によって発生するニオイの解決法は、やはりタンパク質を摂り過ぎないこと。主食もお肉系、おやつもジャーキーといった具合に、タンパク質の多い食べ物をたくさん与えすぎないように気を付けましょう。

また、塩素を含んだ水道水や、防腐剤、添加物が多く含まれたドッグフードも、腸内の細菌バランスが崩れたり、皮膚の組織が破壊されるなどして体臭の原因にもなるようですので、与えないよう注意が必要です。

フードと併用したい犬用消臭剤>>

ニオイを抑えてくれるペットフードに注目

最近では、糞のニオイや体臭を抑えるような、消臭成分の入ったドッグフードを販売しているところもあります。

なかでも、マッシュルームから抽出された天然エキス「シャンピニオン」や乾燥アボカド、食物繊維などが配合されたペットフードは、より糞臭や体臭を抑える効果があるようです。不在がちで、排泄物の処理や換気がこまめにできないという方は、こういった製品を利用してみるのもいいかもしれません。

また、ドライフードの方が缶詰タイプよりも消臭効果が高く、噛みごたえもあるので、歯周病予防にもなります。どうしても缶詰もあげたいという場合は、主食はドライフードにして、サブ的に缶詰を与えるやり方がベストでしょう。

さらに、時にはペットフードとともに、イヤなニオイをを体の中から出すためのサプリメントを与えてみるのもいいかもしれませんね。

食後は、ニオイの元となる食器をすぐに片づけることもお忘れなく!

愛犬の消臭に最適なアイテム比較>>