ニオイをこもらせない、染みつけない工夫

犬のニオイを防ぐ方法は、消臭剤などで消臭すること以外にもいくつかあります。

  • 換気する…ニオイが室内に充満しないように、部屋の窓をこまめに開けて風を通しておきます。また、空気の通り道を作ってあげるということで、空気清浄機を使うというのもいいかもしれません。
  • 洗濯できるものは洗う…犬の寝床に敷いている布や毛布など、それに消臭剤をシュッとふりかけて消臭するのでもいいですが、布製品などは非常のニオイが染みつきやすいですので、定期的に洗濯することを併せて行うと効果的です。また、犬用のおもちゃが洗える布製であれば、これも洗濯しておいたほうがいいでしょう。

予防にも効果的な犬用消臭剤>>

消臭にプラス!手作りアロマルームスプレー

本当の消臭をするためには、芳香剤のような香料の入っているものは使えません。でもやっぱり、お部屋にほのかな香りを漂わせられたら…なんて思う方も多いのでは?

そこで、アロマを使った愛犬用のルームスプレーを作ってみてはいかがでしょうか。

実はこの方法は、私が実践していることなんです。無臭の消臭スプレーでニオイを消した後に、この手作りアロマスプレーをシュッとふりかけます。天然素材の精油(エッセンシャルオイル)を用いて作るので、濃度を低くして正しく使用すれば、人間にもペットにも害を及ぼす危険はさけられます。

それでは、ペットにも安心なアロマスプレーの作り方をご紹介しましょう。

【ペット消臭用アロマルームスプレー】

  • 用意する道具…ビーカー・ガラス棒・スプレー容器(50ml)・
  • 材料(※濃度は1%)…精油(10滴)・無水エタノール(5ml)・精製水(または軟水ミネラルウォーター)(45ml)

※今回は、ラベンダー(4滴)・ティートリー(3滴)・ローズウッド(3滴)の精油を使用しました。

◎精油選びのポイント
ペットのニオイを緩和するには、殺菌・消臭効果のある精油を選ぶとよいでしょう。ちなみに今回は、デオドラント作用に優れているラベンダー、ティートリー、ローズウッドを選んでみました。

【殺菌・消臭効果のある精油】
ティートリー、ペパーミント、オレンジスイート、ローズマリ ー、ラベンダー、ローズウッド、レモン、サイプレスなど。

【アロマルームスプレーの作り方】

  1. ビーカーに無水エタノールを入れます。そこに精油を入れてガラス棒でよくかき混ぜます。
  2. 1に精製水を入れて、さらにかき混ぜます。
  3. スプレー容器に2を移し替えて、よく振って混ぜます。

※使用時にはよく振るようにしてください。

【スプレーの使い方】

作成したアロマルームスプレーは、ソファーやカーテンなど香らせたいところに吹きかければOKです。ゲージや備品、犬の遊び道具などに使用する場合は、吹き付けた後に乾いたダスターで拭きます。

天然の香りは持続性があまりありませんので、香りがなくなったと思ったら、再度スプレーしてください(目安は、1時間に2~3回程度)。

スプレーするときには、犬の目や鼻にかからないように注意してください。万一肌についても特に問題はありませんが、人や犬に直接スプレーしないでください。

【使用上の注意点】

  • 使用期限…アロマスルームプレーには保存料が入っていませんので、長期的に置いておくと、水が変質したり酸化したりする場合がります。高温多湿をさけ、できるだけ涼しいところ(夏場なら冷蔵庫)に保管し、作成日より1~2週間で使い切るようにしましょう。
  • 自己責任原則…ご自分で作ったものの責任はすべて自分にあります。作成日を必ずラベルに記載して、自己管理のもとご使用ください。

愛犬のための消臭対策>>