ニオイを防ぐ効果的なお掃除法

室内犬のニオイ対策で、消臭剤が一番活躍する場所というのが、ゲージやサークル内のトイレではないでしょうか。

犬の排泄物の臭いは体臭よりも強烈なので、まずはこの周辺のニオイを対処しなければいけません。

犬のトイレのニオイ対策として重要なポイントは、糞などの排泄物はすぐに片付けること。そして、ペットシーツなどもこまめに取り替えたり、トイレの容器も常に清潔にし、週に一度は塩素系漂白剤などで殺菌処理を行うと安心です。

また、サークルやゲージも汚れると菌が繁殖しやすいので、定期的…できれば毎日、消臭スプレーなどを使って掃除をしてください。年に2~3回は、サークル内の備品や犬のおもちゃなどを熱湯消毒したり日干ししたり、大掃除をしましょう。

当たり前のようですが、このような基本的な対策が、犬のニオイを防ぐ最も効果的な方法なのです。

ペットのくつろぐ場所は“無臭”の消臭を

ゲージやサークル内の掃除とともに、清潔にしておくべき場所は、犬がお気に入りにしている寝床や、ソファーなどです。布製品は繊維にニオイを溜め込みやすいので、寝床に布や毛布を置いている場合は、こまめに取り替えてあげましょう。

ソファーは、普段は家族みんなが座ったり、お友達など来客の方も座るので、どうしても芳香剤や香りのついた消臭剤を使ってしまいがちですが、それはあまりオススメできません。

強い香りをつけることは、犬にとってストレスの原因になります。ソファーの上は、あなたの愛犬のくつろぎの場でもありますから、くれぐれもペットの安らぎを奪う消臭だけはしないように心掛けましょう。

犬にも安全な消臭対策>>