ニオイには3つのタイプがある

体臭、口臭、便臭がクサイものだということは当然のことなのですが、この悪臭の正体はいったい何なのでしょうか。

悪臭には、大きく3種類のニオイのタイプに分けられます。まず、糞や便などのニオイの「硫黄化合物系」、尿や生臭さなどのニオイの「窒素化合物系」、そして、汗や体臭などのニオイの「脂肪酸系」があります。具体的には次のとおりです。

  • 硫黄化合物系…“イオウ”といえば、、卵の腐ったニオイや温泉のニオイをイメージする人が多いのではないでしょうか。硫黄系の臭気成分には、硫化水素(卵の腐乱臭)やメチルメルカプタン(玉ねぎの腐乱臭)があります。人間の大便、犬の糞などのニオイは、この硫黄系タイプにあてはまり、トイレに関連した場所で多く発生します。
  • 窒素化合物系…簡単にいうと、おしっこのニオイや魚の生臭いニオイです。窒素系の臭気成分には、アンモニア(刺激臭)やトリメチルアミン(魚の腐乱臭)があります。人間の尿や犬の糞尿、生臭さ(生ゴミ)などのニオイは、この窒素系タイプにあてはまり、トイレや台所などの排水溝がある場所で多く発生します。
  • 脂肪酸系…脂肪酸が原因となるニオイには、衣類や布類についた皮脂のニオイ、蒸れた靴下のニオイなどが挙げられます。“体臭の原因“のところでも説明しましたが、皮脂腺から出された皮脂が酸化し、細菌に分解されてできたものが脂肪酸です。この脂肪酸こそが、汗や体臭などのイヤなニオイを発する原因となるのです。玄関や靴箱でも多く発生します。

部屋の悪臭は犬のニオイだけではない

ペットと人間が一緒に暮らす部屋のニオイ(生活臭)を採取し、機械で分析したとします。すると、部屋のニオイを構成する一つ一つの悪臭濃度は、「これは何のニオイなのか、人がなんとか分かるレベルより下」という非常に弱いニオイなのだそうです。

ところが、人間の鼻では感知しにくいほどの弱いニオイでも、部屋のなかのあらゆる悪臭成分が集まることで、大変不快なニオイを作り出してしまうのです。

つまり、部屋のイヤなニオイは、ペット臭だけが原因ではないということをよく理解しておくことが大切ですね。