ニオイ対策の前にまずニオイの根源を知ること

犬は、自分の縄張りを誇示するために強い体臭を持つフェレットなどとは違って、クサイのが当たり前という動物ではありませんが、人間と同じように体臭があることは事実です。ただ人間とは皮膚の構造が違うので、臭い方は異なります。

また、自分で毎日お風呂に入ったり、猫のように自分で自分の身体を舐めたり、常に清潔にしているわけではありませんので、飼い主がニオイの対策をしてあげることが必要になってきます。

えっ!?いつも清潔にしてあげているのに、なぜあの独特のニオイが消えないの?と思う方もいらっしゃると思いますが、以前は私もそうでした。

人間の場合もそうですが、身体から完全にニオイを出さないようにすることはできません。でも、ニオイを軽減する方法はいろいろ考えられます。

犬のニオイを対処するためにはまず、犬のニオイの原因をよく理解しておいてください。

犬のニオイの3つの原因について

犬のニオイの主な原因は、「体臭」、「口臭」、糞尿などの「便臭」だといれています。ここでは、体臭の原因、口臭の原因、便臭の原因についてお話しします。

【体臭の原因】

犬は汗をかかない動物といわれているように、人間と違って汗によるニオイがほとんどありませんが、汗を分泌する汗腺がない…ということではありません。

人間と犬は、皮膚に分布する汗腺に違いがあります。汗腺には「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」の2種類があり、運動をしたあとのサラッとした汗を分泌するエクリン汗腺は、人間ではほぼ全身に分布しているのに対し、犬では肉球にしかありません。

もう一方のアポクリン汗腺は、人間では脇の下や口周り、生殖器周辺にしかないのに対し、犬では全身に分布しています。ちなみに、このアポクリン汗腺は、皮脂の多いペタッとした汗を分泌します。

実は、犬の体臭の原因は、このアポクリン汗腺とそれに直結した皮脂腺からの分泌物によるものなのです。

特に皮脂腺から分泌される皮脂は、酸素に触れることによって時間の経過と共に酸化し、「脂肪酸」というネバネバとした成分に変化して、毛穴を詰まらせてしまいます。そして、脂肪を好物とする細菌がこの脂肪酸に集まり、細菌による脂質の分解作用によって、体臭が発生するというわけです。

ちなみに、この“犬クサイ”ニオイの元は「イソ吉草酸」といわれる、ムレた靴下のニオイと同じ成分です。

【口臭の原因】

食事のカスが口のなかに残っていたり、歯石付着していたり、口のなかの直接的なニオイが犬の口臭の原因となります。

ドッグフード自体が生臭いものやニオイの強いものは、食べたときにそのニオイも付着してしまいますので、与える食べ物にも気を付けたほうがよいでしょう。

また、口のなかのニオイではなく、腸管から血液に吸収されたガスが呼気に混ざって排出され、それが口臭となる場合もあります。

【便臭の原因】

犬の大腸のなかには、タンパク質や脂肪を分解して身体に有害な物質を作り出す、ウェルシュ菌や大腸菌など30兆個もの細菌が存在しています。

これらの悪玉菌が、アンモニア、インドール、スカトール、トリプタミン、メチルメルカプタン、硫化水素などの腐敗臭も作り出すので、犬の便臭がクサイのは、この腐敗臭が原因となっています。

犬のストレスもニオイに関係している

犬のニオイ対策をきちんとしてれば臭さが防げるとは限らず、犬のニオイは、犬自身のストレスとも深く関係しているようです。

ストレスのある犬はニオイが強くなる傾向にあるといわれているようですので、特に身体が汚れているわけでもなく、いつも清潔にしているのにニオイが気になる場合は、もしかしたら、犬がストレスを感じているのかもしれません。

思い当たることはないか、考えてみることも大切です。